ペルシャ絨毯、カーペット、キリム、ギャッベ、ヴィンテージカーペットの通販、買取・下取なら、京都 イスファハンカーペット

ヴィンテージギャッベ
 

ギャッベとは、毛足の長い絨毯のことで、遊牧生活の必需品として、イラン南西部・ザクロス山脈周辺を遊牧するカシュガイ族・ロリ族などの女性たちによって長い間織り続けられてきました。

土漠の40℃を越える暑さと氷点下の寒さ、虫やサソリをギャッベを敷くことでしのいでいたのです。

ギャッベの厚さは遮断効果が高く夏はひんやり冬は暖かくと快適で、耐久性にも優れ退色も少なく洗うほどに色が冴えます。

ギャッベの雄大な大自然をモチーフとしたデザイン・斑染めによる独特の穏やかな色合いは、アート性に富み、温かみのあるフカフカの羊毛の肌触りは、使うものを惹きつけてやみません。

 

ヴィンテージギャッベ

遊牧民は定住化が進み、実際に遊牧する人々は少なくなってきました。

そのため最近では定住した遊牧民が美しく細かく織り上げるギャッベが主流となり、それだけ、昔ながらのギャッベは少なくなっています。

ここでは、ゾランバリの影響を受けたペルシャ絨毯といっていい程美しく織りの細かいNEWギャッベと、伝統的なギャッベならではの模様のユニークさとウールの光沢がすばらしいオールドギャッベの二つをご案内します。

どちらもお好みはありますがギャッベとしてはすばらしく、絶妙な色合いはまさに美術品といってもいいほどです。